コラムS式全文掲載!ラ・ガゼッタ・デロ・マチダ Vol.75より

ゲーフラ&ビッグフラッグ

えすじまです。今回はAC長野パルセイロについて書きたいと思います。
長野は意外とゼルビアと縁があるクラブで、元ゼルビアの選手が3名在籍しています。

パルセイロ2

まずは、DF4川邊裕紀選手。
2010年に国士舘大からゼルビアに入団、2012年に長野に移籍しています。
「利き足は頭」というほどのヘディングの名手で、昨年は野津田でもヘディングシュートを決めてゼルビアから得点を奪っており、昨年の3得点はいずれもヘディングです。私はなぜかこの3ゴールを全部見ているんで、実は一番怖かったりします^^;

次に昨年ゼルビアに在籍していたMF19向慎一選手。
横浜出身で桐光→法政大とゼルビアには縁のある学校の出身ですが、その後栃木→ヴェルディと経由して2011年に長野に移籍、2013年はゼルビアで活躍しましたが、今年はまた長野に戻っています。
ゼルビアでは相模原戦でFKを直接決めるなど、精度の高いキックで活躍しました。
敵として戦うとなると、FKやサイドからのクロスが脅威になりそうで要注意です。

最後、3人目はFW13勝又慶典選手。
2008年の関東リーグ時代に横浜桐蔭大からゼルビアに入団。
いきなりゴールを量産してゼルビアをJFL昇格へと導き、2009年に大怪我がありましたが、2010年からは2年連続JFLベストイレブンを受賞。
ゼルビアを代表するストライカーとしてゼルビアのJ2昇格の原動力となりました。
2012年にゼルビアはJ2で闘いますが、J2からの降格決定後、J2栃木へ移籍しました。
そして今年から長野に入団、最近の試合では2試合連続ゴールを決めるなど調子を上げてきており、そのスピードに乗った裏への飛び出しと、どんな体勢からでもゴールへとシュートする身体能力の高さには最大限の警戒が必要でしょう。

さて、試合ではこの3選手、どのように活躍するか楽しみです。
川邊vs平のヘディングの競り合いとか、向vs星野のサイドでの攻防とか、勝又vs深津のJFLベストイレブン経験者同士のマッチアップとか、そういう場面が楽しみです。

でもここは町田のホーム・野津田。
いくら元ゼルビアの選手にやさしいゼルビアといえども、試合中は厳しく行きますよ!
ゼルビアのレジェンドたちを乗り越えて勝利をつかもう!
ゼルビアの選手たちへの応援をよろしくお願いします!

koji&kijima&todaka&shoji

カテゴリー: ラ・ガゼッタ・デロ・マチダ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

リスのたわごと