ラ・ガゼッタ・デロ・マチダ Vol.67より メインコールリーダーインタビュー全文!

ホームゲームで配布しているフリーペーパーラ・ガゼッタ・デロ・マチダ Vol.67では、
今季のメインコールリーダー武藤駿介さんのコメントを掲載。

ゴール裏(ムトウさん)

今回ゼルマガでは、紙面には載せきれなかった話をお伝えします。

 

聞き手ノブ(以下ノブ):おいくつですか?

武藤駿介さん(以下ムトウ):二十歳です。今年成人式。4月から大学3年生です。全然単位取れてないです(笑)

ノブ:いつからゼルビア応援はじめたのですか?

ムトウ:去年からです。

工藤さん(前メインコールリーダー・以下クドウ):ゼルビアと向き合って応援し始めたのは2012年の湘南戦からだよね。ムーさん(駿介さんのお父様)が少しでも応援の足しになればと連れてきたんだよね。

ノブ:去年武藤さんがコールリードした時って無敗ですよね?

ムトウ:はい。4勝ですね。

 

ノブ:どういうきっかけで、コールリード始めたのですか?

クドウ:俺行けなくて。

ノブ:そこで、自分からやるって言ったのですか?

クドウ:初めは近ちゃんにお願いしようと思ったんだけど、近ちゃんの安定感あるリズムキープを活かした上で、(近野さんはスネアをたたいています。)駿介の熱い気持ち、みんなを引っ張っていく気持ちが合わさればうってつけだと思って。

ノブ:メチャクチャ緊張しませんでした?

ムトウ:一発目の時ですか?しましたね(笑)。ただ、一発目の声を出したら、多少冷静になれました。

クドウ:俺は初めての時、1試合目どころか、最初の3試合はずーっと緊張してたよ。すごいよ。1回声出したら冷静になれるって。

ノブ:事前に考えたりしません?しゃべる内容とか。

ムトウ:ま、しゃべる内容は多少考えます。ただ、大体ですけど。1週間くらいですね。ただ、僕はその場その場の方が強いですね。

ノブ:僕だったら事前に結構考えこんじゃいますね(笑)

ムトウ:考えすぎると飛んじゃうんですよ。飛んだ!どうしようどうしよう!て、逆に(笑)。

 

ノブ:なるほど~。今季のコールリードってどうやって決まったんですか?やりたい人が自らやりたいっていう感じなんですか?

クドウ:今の仕事は日曜に仕事が入ってしまい予定も中々組めないなかで、今日は俺がやります、次は駿介がやりますってなってしまうよりは。リードは色が出て、それが反映された応援がみんなの声としてピッチに届くからね。それが、試合ごとにバラバラになってしまうぐらいであれば、メインを駿介が握ったほうが混乱が一番少ないだろうし、駿介のそういった雰囲気をみんながつかんだ時に本当に強いと思うし。駿介にできる?って話したら、やりますって。気持ちいいよね。即答だったからね。

ノブ:そういうふうに決まったんですね。

クドウ:コールリーダーはみんなの思いを代表しながらも、自分の気持ちも伝える必要があるから。道標としてね。選手を鼓舞していくってことに大きく影響を与えるわけだしね。だからそれをやるって決めることができた駿介は本当にすごいと思う。むこう10年ね(笑) だって10年経ったって30歳だぞ?

ムトウ:そうっすね。

クドウ:だって、俺10年後50歳だよ(笑)。俺が出来ないことも駿介ならできると思うし。これから新しい雰囲気を創ることも駿介ならできる。

 

ノブ:私、新体制発表には仕事で行くこと出来なかったのですが、途中でお話されましたよね?何とおっしゃったんですか?

ムトウ:言った内容は・・・去年、一昨年みたいな、つらいシーズンを繰り返したくないので、時には厳しいことを投げかけるかもしれませんが、それでも、今のチームを全身全霊でサポートしていきますので、今年一年間よろしくお願い致します!という内容だったと思います。

クドウ:相馬さんが大きくうなずいていたっていう話だったよね。

ノブ:すごく拍手起こったんですよね?

ムトウ:はい。それは良かったですね。止められたわけでもなく、みなさんが受け入れてくれた空気になったんで。

 

ノブ:様々な意見の中で、チャントが長いとかテンポが速いとかコールをするタイミングとか、後は負けてしまった時にどうするのかとか・・・あったりしますか?

ムトウ:うーん。そうですね。やはりその時に合わせてですね。考えすぎて、融通利かなくなるのも嫌ですし・・・・

 

ノブ:これまでのリードで印象残っていることあります?

ムトウ:最初の京都、思い返すとリードはグダグダですけど、まず勝たせられて本当に良かったですね。ものすごくアドレナリンが出てましたね(笑)

ノブ:リードをして、観客席を見た時に、気になる事や困ってしまうことってありますか?

ムトウ:うーん、やっぱり座っていたら目に付きますよね。あとは、歌っている、歌っていないはよくわかります。たまたまなのか、ずっとなのか、もわかりますね。ただ、どうすれば立ってもらうか、歌ってもらうか、盛り上げるかは考えます。

クドウ:リードしててね、それが一番しんどいよね。俺たちの力不足もあるけど。俺はね、試合に見入っちゃうのは仕方ないけど、お話を始めてしまって、応援をしていない人がいるとね・・それが、明らかにゲーム展開の話ではなくて、雑談して笑ってみたいなね・・・

ムトウ:試合展開自体もありますけどね・・・

ノブ:あそこはクラブの公式でも立って応援する場所ですってありますからね。そこはわかって欲しいですよね。周囲はあんまり気にならないですか?

ムトウ:そうですね。あまり。考えることはありますけど・・・。

ノブ:一番好きなチャントは?

ムトウ:そうですね、コージは好きですね。人気ですし。あと、個人的にりゅうじ(杉本竜士選手2013年移籍)のが好きでした。自分で作ったんで。(笑)

 

ノブ:今季の意気込みをお願いします。

ムトウ:今年、同じような話を何回もすると思うんですけど。シンプルに、勝たせたいし、細かいことは色々あると思うんですが、勝てばみんなハッピーじゃないですか。勝って、優勝、昇格ってなれば、嬉しいと思うんですよ。俺たちが勝たせるっていうぐらいの気持ちを持ってますし、それを皆にも共有していきたいですし、団体とか関係なくゴール裏全体で、そしてスタジアム全体に伝えていきたいですね。どんなにいい応援が出来ても負けてしまってはつらいですからね。

ノブ:そうですね。応援をするにあたってそこに選手がなくなってしまうのは嫌なんですよね。何のために応援しているのかっていうと、選手の為があるわけで。僕たちが楽しむこととの両立が必要だと思いますね。

ムトウ:本気でやっていることが大前提で、勝たせる為に応援していることが大前提になって、それをみんなが共有しているようなることが楽しいってことに。2012年負け続けてしまって、つらかったから、どうしても、自分の弱い気持ちに負けちゃうんだよね。そんな時こそ心がおれないようにしないと。

クドウ:俺の中では、応援は色々な形があるけど自己満なのかなって、俺が勝たせてやるんだみたいな。何だあいつ熱いなみたいな、そしてそれが周りに火をつけていって、選手にも伝わっていって。そういう場所にしたいよね。

 

武藤さん今日は本当にお時間ありがとうございました。今季私も全力で頑張ります。
あと、記事にはなりませんでしたが、石井さんと菅野さんのやり取りが面白すぎました。
次回は、石井さんと菅野さんにも・・・・?乞うご期待!

今回も写真は匿名希望のゼルサポさんから。ありがとうございました!

カテゴリー: コラム, ラ・ガゼッタ・デロ・マチダ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

リスのたわごと